...

プレゼン入門(中級編)

by shinya-shimada

on

Report

Download: 0

Comment: 0

53,589

views

Comments

Description

プレゼン勉強会第2回用資料
Download プレゼン入門(中級編)

Transcript

  • 1. 総務省 情報通信国際戦略局国際政策課課長補佐(国際戦略担当) 嶋田 信哉プレゼンテーション2武器としての~デザインの威力~
  • 2. 前回のまとめ•スピーチ原稿をよく練ろう!•スピーチを補強するプレゼン 資料を作ろう!•練習をしよう!
  • 3. モンローの説得技法注意の喚起(Attention)問題点の指摘(Need)解決策の提示(Satisfaction)未来像の視覚化(Visualization)アクションの提起(Action)Monroe's motivated sequenceロゴス(論理)パトス(感情)エトス(人徳)アリストテレスの弁論術復習
  • 4. プレゼン資料の用意•文字より絵や写真がメイン。•データやファクトを示す。•スライドごとにワンフレーズで内容を示す。【形式的要件】–分量はプレゼン1分当たり1枚。–文字フォントは16ポイント以上。–要点は3点にまとめる。(KISSの法則)復習
  • 5. 練習“3つのP”Practice, Practice and Practice•少なくとも5回は声に出してプレゼンのリハーサル。•読み原稿&/orスピーチ構成メモを作成。•素晴らしいプレゼンをYoutube・TED等で見てイメージ。復習
  • 6. 文字 Font色 Colorレイアウト Layoutアウトライン
  • 7. 文字 Font色 Colorレイアウト Layoutアウトライン
  • 8. 適切な書体選び可読性視認性判読性明朝体ゴシック体Times New Roman Arial8
  • 9. 選択基準長い日本語の文章には可読 性の高い細い明朝体が適す る。長文の場合は面積の少 ない細い書体の方が読みや すいためである。長い日本語の文章には可読 性の高い細い明朝体が適す る。長文の場合は面積の少 ない細い書体の方が読みや すいためである。可読性スライドにはゴシック!視認性/判読性スライドにはゴシック!9太字太字太字太字
  • 10. 10
  • 11. 文字 Font色 Colorレイアウト Layoutアウトライン
  • 12. 色の選択『伝わるデザイン』 http://tsutawarudesign.web.fc2.com/miyasuku/kihone.png12
  • 13. 見にくい見やすい袋文字13コントラスト袋文字コーポレイトカラー袋文字
  • 14. 文字 Font 色 Color レイアウト Layoutアウトライン
  • 15. 理論・ストーリーをレイアウト「ロジック」や「事柄と事柄の関係性」に即して 文字や絵を配置する。15近くに配置同じ色を使用線で結ぶ大切な事項を目立つ色にする目立つ場所に置く 等
  • 16. 地デジを核としてICT分野全体へ日本方式採用1カ国1.2億人地デジ日本方式の国際展開ボツワナ日本ペルーコスタリカチリブラジルエクアドルベネズエラアルゼンチンボリビアパラグアイウルグアイグアテマラホンジュラスフィリピンモルディブ日本方式採用 17カ国 6.3億人ICT分野全体への拡大2014年10月現在日本方式(ISDB-T)採用国17カ国(日本含む)スリランカ地デジで培った協力関係を拡大20062014教育×ICT ⇒ 遠隔教育交通×ICT ⇒ ITS農業×ICT ⇒ スマートアグリG空間×ICT⇒ 防災ICTシステム労働×ICT ⇒ テレワーク<社会的課題の解決×ICT>16揃えるまとめる例コントラスト数字は大きく 単位は小さく
  • 17. 黄金比11.61817
  • 18. 防災ICTシステム|インドネシア国家防災庁@ジャカルタ気象気候地球物理庁地方防災庁地方防災庁@パダン中央システム@ジャカルタ地方システム@パダン各地域のセンサー・システム・地震計等通信情報省非常時向けバックアップモスクからの警報テレビ放送コミュニティ ワンセグ分析分析・・・(各政府機関等)○ 地図データと統合された防災情報がリアルタイムで閲覧可能、防災関連省庁の意思決定が迅速化。○ 総務省は、2011、2012年度に実証実験を実施。また、2013年4月、新藤前総務大臣と ティファトゥル通信情報大臣間での防災分野での協力合意○ 2013年8月には同国より防災無償協力について要請があり、今秋から協力準備調査を開始予定。情報収集情報分析伝達・配信18例11.61811.61811.61811.618
  • 19. インドネシアにおける防災ICTシステムの取組国家防災庁@ジャカルタ気象気候地球物理庁地方防災庁地方防災庁@パダン中央システム@ジャカルタ地方システム@パダン各地域のセンサー・システム・地震計等通信情報省非常時向け バックアップ公的施設(モスク)からの警報テレビ放送「コミュニティワンセグ」による警報分析分析・・・・・・(各政府機関等)○ 防災情報の収集・分析・配信を一貫して行い、住民への迅速かつ確実に防災情報を伝達するICTシステム。○ 防災関連省庁は、地図データと統合された防災情報をリアルタイムで閲覧可能となり、防災関連省庁の意思決定が迅速化。 また、防災情報のデータ形式を変換・統一することで、関連省庁・メディアによる各種防災情報の取り扱いが容易化。○ 総務省は、2011、2012年度の実証実験及び2013年4月の新藤総務大臣とティファトゥル通信情報大臣間での防災分野での協 力の合意を踏まえ、インドネシア通信情報省・国家防災庁等と、同国での実導入に向けた検討会を3回開催するなど、導入及び 更なる展開に向けて協議中。○ 2013年8月には同国よりODA要請(防災無償)が我が国に寄せられており、今秋から協力準備調査を開始。情報収集伝達・配信情報集約・分析(データフォーマットを統一)集約原案
  • 20. まとめ•可読性、視認性、判読性を 確保した適切な書体選び•色相に留意した色の組合せ•理論やストーリーをレイアウト
  • 21. Thank you!SHIMADA, ShinyaDeputy Director for Global ICT StrategyInternational Policy DivisionGlobal ICT Strategy BureauMinistry of Internal Affairs and Communications (MIC) Japans-shimada@soumu.go.jp
  • Fly UP