• 1. *.Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―樋口耕一1
  • 2. 対応分析のデータをエクスポートプロットを他のソフト(JMP、SPSS等)で作り直したい場合の手順 ①「保存」をクリック2
  • 3. R形式で保存 ②「R Source」形式で保存する3
  • 4. KH Coderに添付のRを起動 ③「Rgui.bat」をダブルクリック4
  • 5. 保存したR形式ファイルを実行④上で保存したR形式ファイルをここにドラッグ&ドロップすると、KH Coderで作成したのと同じプロットがR上に作成される5
  • 6. 座標データをエクスポート⑤添付の「export_corresp.r」をここにドラッグ&ドロップ ⑥保存画面が開くので、 分かりやすい場所に保存6
  • 7. エクスポートしたCSVファイル ※バブルプロットの場合は、X・Y座標に加えて、7 バブルの多きさもエクスポートされる
  • 8. エクスポートしたデータの利用例(SPSS)8
    Please download to view
  • All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
    ...

    Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―

    by khcoder

    on

    Report

    Category:

    Software

    Download: 0

    Comment: 0

    57,144

    views

    Comments

    Description

    Download Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―

    Transcript

    • 1. *.Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―樋口耕一1
  • 2. 対応分析のデータをエクスポートプロットを他のソフト(JMP、SPSS等)で作り直したい場合の手順 ①「保存」をクリック2
  • 3. R形式で保存 ②「R Source」形式で保存する3
  • 4. KH Coderに添付のRを起動 ③「Rgui.bat」をダブルクリック4
  • 5. 保存したR形式ファイルを実行④上で保存したR形式ファイルをここにドラッグ&ドロップすると、KH Coderで作成したのと同じプロットがR上に作成される5
  • 6. 座標データをエクスポート⑤添付の「export_corresp.r」をここにドラッグ&ドロップ ⑥保存画面が開くので、 分かりやすい場所に保存6
  • 7. エクスポートしたCSVファイル ※バブルプロットの場合は、X・Y座標に加えて、7 バブルの多きさもエクスポートされる
  • 8. エクスポートしたデータの利用例(SPSS)8
  • Fly UP